ニキビ治療

皮膚科日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医 医学博士 院長 二木 賢

おおたかの森皮フ科 美容サイト

ニキビ

保険治療

外用治療を基本として、症状、効果にあわせて、抗生剤や漢方薬の内服を加えます。
ほとんどのニキビは保険範囲内で抑えられますが、効果不十分の場合の選択肢として、自費治療をご案内します。

自費診療

ニキビ肌用ドクターズコスメ

ニキビ用洗顔料は一般的に脱脂力の強いものが多く、洗顔後かなり乾燥してしまいます。この乾燥によってかえってニキビは悪化します。
 当院のドクターズコスメは、脱脂力を抑え、抗炎症作用のある生薬を加えた、肌に優しいニキビ肌用基礎化粧品ですので、是非お試し下さい。初めてご購入の方には、お試し価格として、定価の半額で販売しております。

ケミカルピーリング
ニキビの原因である毛穴の詰まりを酸で溶かす方法です。

フラクショナルレーザー
細かいレーザーで肌を作り直す強力な方法です。

ケミカルピーリング

安全かつ効果の高いサリチル酸マクロゴールによって、皮膚表面の角層および、ニキビの原因である毛穴の詰まり(角栓)を溶かします。ニキビ以外にも、美白、顔全体のくすみやハリ等にも効果があり、肌のツルツル感が増します。



角層を除去すると

・毛穴に詰まった角栓を除去する。
・角層による光の乱反射が減るため透明感がでる。
・表面の凹凸が滑らかになりツルツルになる。


ビタミンCローションを併用し
真皮コラーゲンの産生促進

・ハリがでる。
・小じわの軽減。
・毛穴の目立ち軽減。

ビタミンCの経皮吸収

ビタミンCは天然の抗酸化物質であると同時に、コラーゲンを生成するために必要な補酵素です。一方肌は、角層のバリア機能によって水分を通さないようになっています。ビタミンCは水溶性なので本来皮膚からは吸収されない物質ですが、ピーリングで角層を除去すると、ビタミンCが非常に浸透しやすくなります。特にピーリング後2週間までが最も吸収の多い時期なので、効率的にビタミンCを吸収させることができます。

方法

ピーリングピーリング

イオン導入

マイナスに帯電したビタミンCを、電流の力でさらに真皮へと流し込みます。ご自分で好きなところに好きなだけ導入できるように、ご自分でできるイオン導入機を使用しています。従って、ご自宅でも同じ機械を使用してイオン導入することができます。

アフターケア

・ピーリング後12時間まで
◆化粧禁止。強い紫外線は避ける。
ピーリング後は、皮膚の角層が無い状態で、バリア機能が無い状態です。
直後は化粧せず、強い紫外線は避けて下さい。従って、当院では夕方以降に予約を入れるようにしています。

・翌日以降
◆平常通り化粧可能です。
紫外線に弱い状態なので、日焼け止めは必須です。

◆当院のビタミンCローションを外用します。

料金表 (税抜き)

標準価格

ビタミンCローション(30ml)込み

イオン導入あり

¥10,000

¥12,204



ご自宅でもイオン導入できます!

イオン導入機 (税抜き)

¥14,700

同意書ダウンロード

あらかじめご記入頂きお持ち頂くと受付がスムーズです。ご不明な点等ありましたら診察時ご説明致します。

フラクショナル.png

仕組み・作用機序

①極めて細いビームを高密度に照射し、周辺組織を傷つけることなく、皮膚内部の特定の深さに、MNC(Micro Necrotic Column)と呼ばれる熱損傷部位を作る。
②無数のMNCは、健常組織に囲まれ、周囲組織への熱ダメージが最小限に止まっている為、短期間で治癒する。皮膚内部のコラーゲンのリモデリングが促進される、副作用が少ないレーザー治療である。

フラクショナルレーザー画像1.png

照射後の組織反応

① 凝固層周囲の熱ダメージを受けない健常組織により、24時間以内の 再上皮化が可能となる。
② 継続的な真皮内における再生プロセスにより、長期間のリモデリング効果
  が起こる。

フラクショナル画像2.png

微細凝固細胞の組織スライド

フラクショナル画像3.png

モザイク(Er:Glass)の吸収曲線

フラクショナル画像4.png

キビ

施術前

5回施術1ヶ月後

acne2b.png

acne2a.png

acne1b.png

acne1a.png

施術前

4回施術1ヶ月後

acne3b.png

acne3a.png

ニキビ跡の瘢痕

施術前

4回施術1ヶ月後

acnescar1b.png

acnescar1a.png

方法.png
レーザー照射の流れ。(40〜60分)
1. 麻酔クリームを照射部位に塗ります。ラップで覆い、麻酔が効くまで20分間待ちます。

2. 麻酔のクリームを洗い流します。

3. レーザーを全体的に照射します。

4. 保冷剤または冷えたガーゼで照射部位を冷やします。

5. パウダールームで、赤い照射部位の上からお化粧可能です。

レーザー後の経過.png
直後;照射部分は炎症で赤く腫れます。

翌日;炎症はだいぶ引きますが多少残っています。細かい点状のかさぶたができます。

3〜4日後;ほとんどの人は炎症が治まります。

1〜2週間後;炎症が治まり、かさぶたは無くなります。皮膚が生え変わるため、一時的にカサカサします。

アフターケア.png
レーザー後の処置(日の当たる部位の場合)
直後〜;炎症を抑える作用のあるフタキシリーズの日焼け止め(お渡しします)を使用します。使い切り終了。その後は普段ご使用の日焼け止めまたは、フタキシリーズの日焼け止め(定価\4,780、初回購入時は半額)を継続して下さい。

照射の頻度および回数.png
1回の施術で、皮膚の10〜20%の面積にレーザーが照射されます。その皮膚が再生されるのに2週間程かかり、その後、皮膚の成長因子等の量が通常量に戻ってきます。
 従って、2〜6週間に1回、合計5回程以上、照射を繰返すことによって、成長因子等の産生を継続させつつ、皮膚の全ての面にレーザーが照射されます。

料金表(税抜き)

通常の相場と比べかなり安価になっていますが、より多くの方が治療できるよう、安くしてあります。
他院のフラクショナルレーザー(モザイク)と同じものです。


1回

顔全体

1回当り

¥15,000
¥10,000
口周り 

注;トライアル価格は、1名様につき1回まで。

同意書ダウンロード

あらかじめご記入頂きお持ち頂くと受付がスムーズです。ご不明な点等ありましたら診察時ご説明致します。

inserted by FC2 system